吐き気がする時は睡眠不足?


HOME > 店長ブログ > 睡眠コラム > 吐き気がする時は睡眠不足?

吐き気がする時は睡眠不足?

2012-05-19 [ 睡眠コラム ]

身体のどこにも特に異常や病気はないのに、なぜか突然の吐き気に襲われる、という方は おそらく睡眠不足ではないでしょうか。 吐き気の症状と睡眠不足、一見、何の関係もないような気がしますが 実は、吐き気は睡眠不足によっても起こる症状の一つなのです。 睡眠不足が続くと、身体の免疫力が低下します。ホルモンの分泌バランスも崩れます。 そうなると、当然、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。 吐き気は、そのような身体の健康上の異常の初期段階のシグナルであると考えられます。 睡眠不足によって身体がストレスを感じ、それが吐き気となってあらわれているのです。 吐き気を感じて、それが睡眠不足によるものであると判断できれば、 とにかく、ぐっすりと睡眠をとりましょう。 ただ、睡眠時間を多くとればいいというものでもなく、 睡眠の質が問題です。 たとえたくさんの時間寝たとしても、質のよくない睡眠で熟睡できていなければ、 睡眠不足と同じ症状になります。 質のよい睡眠を得るためには、 寝る前の食事やカフェイン・アルコールの摂取を避けるというのは基本ですが、 入眠時にリラックスできる環境をつくることも大切です。 灯りを暗くして好きな音楽を静かに聞いて、ゆったりとした気持ちで 寝る前の時間をすごしましょう。 昼間に軽い運動をしたり、寝る前にストレッチなどで軽く体を動かし、適度な疲労感を与えるのも、質のよい眠りに効果がありますのでおすすめですよ。 睡眠時の環境も大切です。 睡眠不足が続いて慢性的になると、身体の免疫力が低下してしまい、 さまざまな病気の原因になります。 睡眠不足による吐き気は、そのような病気の初期段階である可能性があります。 ただの睡眠不足で起こる吐き気だから、と軽く見てはたいへんなことになります。 精神的・身体的ななストレスが重なってさらに深刻な病気にかかってしまうことも少なくありません。 吐くことでスッキリするかもしれませんが、吐き癖がついてしまうと、胃の状態は悪くなり、胃酸の影響で食道がただれてしまうこともあります。 睡眠不足による吐き気なら、十分な睡眠時間と質のよい眠りを確保して、規則正しい生活リズムをキープするように努力しましょう。 眠りの質を上げるためには、日頃の生活スタイルの改善が大切です。

  • 就寝時間の3時間前には食事をしない
  • カフェインを含む飲み物やアルコールは飲まない
  • 寝る前にテレビやパソコン、ゲームなど、神経を興奮させることをしない
  • 寝る前に軽いストレッチをして身体を動かす
この3つを確実に守るだけでも、続けるれば、ぐっすりと熟睡できる睡眠が 得られるようになるはずです。 身体が快眠できる状態を自分で作ってあげて、睡眠不足を解消してくださいね。


<< 市販の睡眠導入剤を飲む時の注意 | 店長ブログTOPへ | 睡眠導入剤で、販売されているも ... >>


PageTop

カテゴリMENU

ご利用案内

クレジットカード決済、銀行振込(前払い)、後払い(コンビニ、銀行振込、郵便振替)がご利用いただけます。
お支払い方法

店長プロフィール

定休日



定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要

Good Choice Sg PTE.LTD.

350 ORCHARD ROAD,#19-06 SHAW HOUSE,SINGAPORE 238868

contact@goodchoicesg.com


SHOPブログ新着記事

SHOPブログカテゴリ






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。